研究内容

「環境に調和した高効率エネルギーシステムを目指して」

地球規模の環境問題への対応としての再生可能エネルギーの大量導入や、 これを実現するための柔軟な電力需要の制御、さらには電力・ガス事業の全面自由化など、 わが国の電力・エネルギー事業を取り巻く環境は大きな変革期を迎えています。 本研究室では、それらに柔軟に対応するため、以下のテーマに取り組んでいます。

● スマートグリッドによる新しい電力系統運用技術    (詳細はこちら)

  • 太陽光発電・風力発電の出力特性評価・予測技術の構築
  • 不確実性の拡大に対応する電力系統の計画・制御手法の開発
  • 分散電源有効活用のためのスマートインバータの開発
  • 電力供給信頼度向上のための電力設備計画の策定方法,電力市場形態の提案

● 低炭素都市における新しいエネルギーシステムの提案    (詳細はこちら)

  • 電気自動車や燃料電池などの需要家側エネルギーリソースの有効活用技術の開発
  • 住宅・業務施設における電力・熱需要の予測手法の開発
  • 大災害時のライフライン確保に対応する分散型エネルギーシステムの提案

● 新しい電力システムのための材料診断技術と高機能材料開発    (詳細はこちら)

  • トリーイングおよび部分放電劣化機構の解明と材料診断技術の高度化
  • ナノポーラス構造制御による複合機能材料の開発
  • 3D プリンタを用いた機能材料成形技術の提案
  • 再生可能エネルギー発電機器を考慮した絶縁協調の提案
  • 柔軟な誘電体材料を用いたエネルギー変換デバイスの開発